ハマメリスエキスは、美容に様々な効果が期待できる

美しくなりたい人は、ハマメリスエキスに注目してみましょう。
ハマメリスエキスは、美容に様々な効果が期待できるのです。

■お肌の炎症を改善してくれる効果

肌は、時として様々な原因がもとで炎症を起こしてしまいます。
例えば、お肌が弱い人は、紫外線に当たることで肌が真っ赤に腫れてしまい、強い痛みを感じてしまうでしょう。この状態になると、化粧をしたり日焼け止めを塗ることも難しくなってしまいます。

ハマメリスエキスは、炎症を速やかに鎮める働きが期待できるため、紫外線による日焼けも改善しやすくなるのです。
また、紫外線の影響以外にもお肌の乾燥により、炎症が起こりやすくなってしまう人も存在しています。その肌質の人も、ハマメリスエキスを利用することで、炎症に悩まされることがなくなるでしょう。

ハマメリスエキスを含むコスメとして有名なのはO2VITAアイバッグセラムという美容液。では、ハマメリスエキスの効果をどうぞ。

収れん作用でニキビにも効果的

肌質の中でも、皮脂の分泌が多い混合肌や脂性は、毛穴のトラブルを起こしがちです。脂によって毛穴が開いてしまったり、黒ずみが起こってしまうこともあるでしょう。

また、その状態が悪化することで、たくさんのニキビができてしまうことも多いです。

ハマメリスエキスには、お肌を引き締めてくれる収れん作用が存在しているため、皮脂が原因となるトラブルにも効果的です。お肌に使用することで、皮脂の分泌を抑え毛穴に起こる様々なトラブルを改善しやすくなるのです。今まで、毛穴が黒ずみ見た目に悩んでいた人や、ニキビが多くでき悩んでいた人も、美しいお肌に改善できるでしょう。

また、目立ったトラブルは起こっていないものの、皮脂により肌のテカリが酷いという人も存在しています。テカリが酷くなってしまうと、化粧をしてもすぐに崩れてしまいます。会社で頻繁に化粧直しを行うことができない人も、ハマメリスエキスを使用した化粧品を使うことで、化粧崩れを防止しやすくなるのです。

お肌の跡を改善する効果

ニキビができてしまうと、それが跡として残ってしまうこともあります。一度跡が残ってしまうと、それを消すのは大変になってくるでしょう。

ニキビ跡の赤みが残っている人は、ハマメリスエキスに注目してみるとよいでしょう。

ハマメリスエキスは、毛細血管を強くしてくれる効果が期待できるため、肌に残る跡の改善に使用する価値があるのです。血管自体が強化されれば、肌に栄養分が届きやすくなり、代謝機能も改善しやすくなってきます。その結果、お肌の再生が促され、気になるニキビ跡も改善しやすくなるのです。

化粧を行っても、ニキビ跡を隠し切れずに悩んでいる人は、ハマメリスエキスに注目してみるとよいでしょう。

抗酸化作用で老化を予防

肌が酸化してしまうと、老化が進んでしまいます。お肌にシミやしわ、たるみが多いという人は、その分だけ活性酸素の影響を受けているといえるでしょう。

この状態で悩んでいる人も、ハマメリスエキスに注目することで、老化を予防することが可能になってきます。ハマメリスエキスには、タンニンが含まれており活性酸素の発生を抑えてくれる働きが期待できるのです。体内に発生する活性酸素の量を抑えることができれば、シミやしわ、たるみなどの老化現象をストップさせることができ、若々しい状態で過ごすこともできるでしょう。

活性酸素は、紫外線を浴びることでも発生しやすくなっています。特に仕事や趣味で外に出かける機会が多い男性は、その分だけお肌の老化を引き起こしやすくなっています。
最近、シミやしわが極端に増えてきたという男性は、ハマメリスエキスを利用して老化防止対策を行ってみてください。
このように、ハマメリスエキスは、女性だけではなく男性のお肌を守る効果も期待できるのです。

無添加化粧品について私が思うこと

肌が弱い人にとって化粧品選びは本当に苦労するんですよね。
肌が赤くなったり、ヒリヒリしたり、痒くなったりと肌に合わないとすぐに反応してしまいます。

なるべく肌に優しものを刺激の少ないものをと考えて探します。
そんな化粧品選びにとても重要なのが添加物を含んでいるかという事です。

毎日使用するものだからこそ無添加の化粧品を選んで使用することがたいせつでもあるんですよね。
肌の弱い人が化粧品選びで失敗しないためにも無添加化粧品のいいところを紹介します。

無添加化粧品とはなに?

「無添加化粧品」よく耳にする言葉でもありますが、いったいどういった成分が含まれていないことを言うのかもよく分からなかったりします。
実際に無添加化粧品とされる決められた定義がないというのが現実です。

しかし、多くのメーカーは表示指定成分(旧表示指定成分)を含まない化粧品を無添加化粧品と呼んでいます。代表的なものはあきゅらいずなど。

この表示指定成分(旧表示指定成分)とは体質などによって使用することで肌のトラブルを引き起こす可能性のある102種類の原料の事であり、薬事法によって表示を義務づけられていた成分ですが2001年に全成分の表示を義務づけられたことで旧表示指定成分と呼ばれているんです。

102種類の原料の中で特に石油系界面活性剤、パラベン・フェノキシエタノールなどの防腐剤、アルコール(エタノール)、鉱物油、合成着色料、合成香料、シリコン・・・などを添加物を排除する化粧品も多いのです。

無添加化粧品は肌にどういいの?

敏感な人の肌は潤いが不足しているためにしっかりと肌を守ることができなくなっている場合が多いんです。そんな肌へ人工合成の添加物を使う事で肌は刺激をもろに受けてしまいます。弱った肌は必要以上に角質を落してしまいがちです。

そんな肌へいくら保湿成分を補っても肌の奥へとは浸透できずに肌表面はいつまでたっても乾燥した状態が続くことで肌はいつもトラブルを抱えたままになってしまうんですね。

その上乾燥した肌へ必要以上に保湿を補う事で肌は大きな負担を抱え自分からが潤う力をも失ってしまうまさに悪循環に陥ってしまうんです。

肌には本来自らが潤い肌を健康な状態へ戻す力があるんです。
肌への刺激を減らすことで肌細胞は活性化してくれることができるんです。
そのためにも添加物は極力減らしてあげることが大切でもあるんですね。

無添加化粧品を使う事で肌はどうなる?

肌への刺激を少なくすることで肌は本来の働きをしてくれます。
肌にとって不要ないものは体の外へと排出する働きがあります。
また肌にとって必要なものは自らが生み出す力をも持っているんですよね。

肌が乾燥するからと言って保湿効果の高いクリームを使っても自らが潤う事が出来ていないためにいつまでもクリームを使い続ける必要があるんです。

しかし肌が元気になれば自然と肌はうるおいを保つことが出来るためにクリームを使う必要もなくなって来るんです。
また年齢的に美容効果の大きいものを使用したくなってしまいます。

しかし美容効果が大きければ大きいほど肌への刺激も多くなってきてしまいます。
肌に優しいものを、肌に負担をかけない物を探すことで肌細胞が元気になり、気にしていたシワが改善することができたり、肌にハリを感じることだってできるんです。

女性にとって化粧品選びはとても大切な事でもあります。
今使っているものによってその後の5年、10年後が大きく変わっても来るんです。
いつまでも肌トラブルを抱えたままの肌では肌は衰えていくばかりなんです。
元気な肌になることで肌はその若さを取り戻すことだってできるんです。
そのためにも肌に優しいものを刺激の少ない化粧品を選ぶことが必要となって来るんです。

レチノールとそのアンチエイジングに関する効能

年齢が高めな方々は、しばしばアンチエイジングを試みています。いわゆる加齢対策です。
年齢が高まってきますと、肌の状態も微妙になる傾向はあります。特に肌の乾燥に関する悩みが多いです。
年代層が若い方々は、肌にはみずみずしさがあります。潤いが保たれているので、総じて肌の状態も良好な方々が多いのです。

しかし年齢が高まりますと、やはり状況も大きく変わってきます。肌の潤いが微妙になってしまう方々も、大変多いです。それでアンチエイジングを試みている方々も、少なくないのです。
アンチエイジングには様々なやり方はありますが、レチノールもその1つになります。実際レチノールは、肌に対する効果は大いに期待できるのです。

レチノールは、ピーリングに関わる効果があります

例えばレチノールは、ピーリングに関わる効果があります。肌は、常に入れ替わっているのです。一旦は古くなってしまった後も、日数が経過すると、新しい物に入れ替わる性質があります。いわゆるターンオーバーと表現される事も多いですが、レチノールはそれをサポートしてくれる効果があるのです。

それで上記の保湿性は、ターンオーバーとは大きな関連性があります。ターンオーバーの力が弱くなってしまいますと、どうしても肌の保湿性も微妙になるのです。年代層が高めな方々は、やや力が衰えてしまい、潤いが微妙になってしまう事もよくあります。

しかしレチノールは、上述の通りピーリングの効果があります。それで新しい肌にスムーズに入れ替わるので、保湿性も高められる訳です。ですから肌の潤いが気になる時には、レチノールを含む製品を使ってみるのも一法です。

レチノールはコラーゲンとの密接な関連性

他にもあります。レチノールはコラーゲンとの密接な関連性があるのです。
年代層が高めな方々は、しばしばコラーゲンに着目しています。コラーゲンは、実は人間の体の中でも常に作られています。いわゆる肌のみずみずしさを高めてくれる力もあるので、多くの方々が着目しています。ビタミンCなども、コラーゲンとは密接な関係があるので、よく年配層の方々は摂取しています。

しかしビタミンCだけでなく、レチノールもコラーゲンとの関連性があります。本来レチノールは、人間の体内にも存在するのです。その成分は、コラーゲンを作り出している細胞に働きかけてくれます。更にコラーゲンを作り出すように、促してくれる力があるのです。

コラーゲンの生成量が多くなれば、必然的に肌の潤いも変わってきます。ですから肌の保湿性が気になる時には、アンチエイジングの一環として、レチノールの製品が使われている事も多いです。
またコラーゲンには、若返り効果もあります。体内でそれが多く生成されると、自然と細胞が若返りますから、肌の潤いも変わってくる訳です。

レチノールも不足しがち

エイジングケアに重要とされているビタミンAレチノールですが、不足しがちとも言われています。

人間の体内にあるレチノールは、常に使われています。時にはレチノール不足になってしまうので、何らかの方法で補う方が良い事もあります。その一環として、レチノールを含むクリーム製品やサプリが使用されている訳です。
年齢が高まってきますと、とかくレチノールも不足しがちです。ですからレチノールを含んでいる製品を使用してあげるのは、大いに意味があります。

それと肌のたるみとも、大きな関係があります。年齢が高くなると、シワやたるみが気になる事も多いです。いわゆるたるみ毛穴を気にしている年配層もよく見かけます。本人としては見た目が気になっているので、何とかして改善したいと望んでいる事も多いです。

その際に、レチノールを含む製品が候補になる訳です。レチノールは、肌の弾力を高めてくれる効能もあります。レチノールを含む製品を使った後に、肌に弾力が生じる事もよくあるのです。それでたるみの問題点が解消される事も少なくありません。

それにも、上記で触れたコラーゲンが関わっているのです。コラーゲンが不足してしまいますと、とかく肌はたるみがちです。しかしレチノールの製品を使ってあげれば、多くのコラーゲンが作られるようになり、肌にも弾力が生じる傾向があります。
それとケラチンに対する働きかけです。もともと人間の肌には、外的な脅威から身を守る力が備わっています。肌の表面部分に対して、バリアを形成する能力があるのです。

レチノールはケラチン生成を助ける

何がそのバリアを形成してくれるかと言うと、ケラチンなのです。ケラチンは、体内にある細胞の1つです。それが保護成分を作り出してくれるので、様々な脅威から肌が守られる状態になります。
しかし年齢が高まってくると、細胞の働きも不活発になる事も多いです。それでバリア機能が弱くなり、肌の見栄えが微妙になってしまう場合があります。

レチノールは、そのケラチンを作り出してくれる力があるのです。レチノールを含む製品を使いますと、自然とケラチンの増加が促進されます。バリアを使ってくれる細胞が増加してくれるのですから、肌の状態も守られやすくなるのです。ですからアンチエイジングの一環として、レチノールの製品を使ってみるのは、大いに意味があります。

酵素ドリンク初挑戦の方必見!効果について

最近酵素ドリンクはダイエットの味方として注目されています。酵素は体には欠かせない重要な役割を担っています。なぜなら消化したり代謝を上げるのにも酵素が力を貸してくれないと出来ません。酵素は体の中の化学反応の触媒となるものだからです。消化も代謝だけでなく体内で行われるほとんどすべての化学反応は酵素がなければできないのです。

続きを読む

様々な成分や効果が期待できるハワイアンスピルリナ

ハワイアンスピルリナには、様々な成分が配合されています。また、健康に対する効果やメリットも複数期待できると考えられており、スピルリナを摂取することが望ましいと認識されています。

 

ハワイアンスピルリナ:生活習慣病の予防に効果を発揮するバナジウム

ハワイアンスピルリナに含まれる成分の中では、バナジウムが最も特徴的なものとして挙げられています。バナジウムは血糖値を緩やかに下降させる作用があると考えられており、糖尿病になりにくくすることが期待されています。

続きを読む

健康へのメリットが大きな難消化性デキストリン

難消化性デキストリンの成分

難消化性デキストリンの成分は、食物繊維の不足した状態を改善するために利用されるものであり、健康に対するメリットが複数期待できます。

そのため、現在ではこの成分の含まれた健康食品が多くの人々から人気を博し、利用される頻度も拡大に増してきていると考えられています。成分自体は体内で吸収されても安全であることから、積極的に摂取することも推奨され始めているのではないでしょうか。

最も大きな効果としては、脂肪吸収を抑制する点が挙げられています。難消化性デキストリンの成分が、体内に入ってきた脂質に作用し、吸収させずに体外へ排出することを促進します。

この際には胆汁酸と連携して、体内での吸収と分解がブロックされています。脂肪だけではなく、コレステロールの上昇の抑制に作用することら、肥満傾向の人には嬉しい点として注目されています。 続きを読む

クミスクチンの成分とその効果

ウコンやグァバと並んで非常に有名な三大野草の一つクミスクチンの成分とその効果

クミスクチンという植物をご存じでしょうか。沖縄ではウコンやグァバと並んで非常に有名な三大野草の一つとして知られており、様々な有効成分を含む健康茶として親しまれています。ここではクミスクチンという植物について、またその有効成分と効果についてご紹介します。

○クミスクチンとは


学名をOrthosiphon aristatusと言い、シソ科(Labiatae)のネコノヒゲ属(Orthosiphon Benth)に分類されています。クミスクチン(Kumis kucing)とはインドネシアでの呼び名で、英語ではcat whiskers、日本では和名でネコノヒゲと呼ばれています。東南アジアのような熱帯地方を中心に幅広く自生している植物で、日本には薬用植物として導入された経緯があります。見た目に猫のひげのような白色または紫色の花を咲かせることが特徴で、和名も英語もまさに見た目からつけられているようです。

続きを読む

古くから活用されてきているアフリカマンゴノキエキス

古くから活用されてきているアフリカマンゴノキエキス

アフリカマンゴノキエキスは、古くから多くのところで利用されてきている成分として知られています。現在でも様々な効果が期待できるものとして、多方面で活用されているのではないかと考えられており、普及が進行しているのではないかと認識されています。

続きを読む