ビフィズス菌を多く摂る食事を意識して、健康的な生活を

ヨーグルトなどに含まれているビフィズス菌は、腸内の善玉菌を増やしてくれます。そのため、健康によい菌として有名です。
このビフィズス菌を摂取すると、実に多くのメリットがあります。
では、どのような効果があるのか、紹介していきましょう。

【腸内環境を整える】

ビフィズス菌を摂ると、腸内環境が整えられ、便通がよくなります。
便通が改善されるのは、善玉菌が増えることで、乳酸や酢酸などの「有機酸」を生成するためです。これが腸を刺激することで、便の排出を促してくれます。
腸内が不健康な状態だと、腸の動きが悪くなり、便秘の原因になってしまいますが、ビフィズス菌を摂取することで、本来の働きを取り戻すことができるのです。
腸が正常に活動すれば、便秘だけでなく、下痢の予防にもつながります。

【免疫力が上がる】

人間の免疫細胞は、その約70%が腸に集まっています。そのため、腸内環境が悪化すると、免疫力も大きく下がってしまうのです。
ビフィズス菌には、腸内環境を整えてくれるだけでなく、免疫細胞を刺激して活発にする効果もあります。
このとき、ビフィズス菌は、腸の表面にある「トル様受容体」というタンパク質に働きかけています。
このタンパク質と、ビフィズス菌の成分が結合することで、免疫細胞の活性化を促す信号を発するのです。
また、生菌でも死菌でも効果は同じなので、ビフィズス菌がどのような状態でも免疫力を上げることができます。

【病気の感染を防ぐ】

ビフィズス菌によってつくられる有機酸は、腸内を酸性にする働きがあります。
これは、腸内細菌のバランスを正常に保つことになり、病原菌が感染しにくい状態となります。
つまり、ビフィズス菌を摂れば、インフルエンザやO-157といった感染症の対策になるのです。
また、風邪やインフルエンザを防ぐために重要な「NK細胞」を活発にする働きもあります。
この感染予防効果は、免疫力が高まる効果と合わさり、より強いものになるのです。

【体臭や口臭の改善】

腸内環境が悪化して悪玉菌が増えると、腸内では、アンモニアや硫化水素などの毒素が発生してしまいます。
体臭や口臭が気になる場合、こうした毒素が体内で増えていることが原因なのです。
そこで、ビフィズス菌を摂取して、善玉菌を増やすことが有効な改善方法となります。
ビフィズス菌は、善玉菌を増殖させると同時に、悪玉菌を抑制する働きもあるため、腸内の環境を正常に保ってくれるのです。
腸が健康になれば、便やおならの臭いも抑えることができます。

【アレルギーの改善】

腸内の善玉菌が増えることは、アレルギー症状の改善につながります。
アレルギーが起こるのは、免疫細胞の中の「Th1」「Th2」という細胞が、バランスを崩してしまうことが原因です。
正常な状態では、これらがバランスよく機能することで健康を維持しています。
しかし、抗体をつくる働きがある「Th2」の方が優勢になりすぎた場合、体の防御反応がとても強くなります。この不必要なほど強い反応が、アレルギーとなってしまうのです。
ビフィズス菌は、ふたつの細胞のバランスを適度に調整してくれるので、アレルギーを緩和することができます。

【肌荒れを防ぐ】

腸内環境の悪化で悪玉菌が増殖すると、発生した毒素が腸に吸収されてしまいます。すると、毒素が全身に回ることになり、これが肌荒れにつながります。
そのため、ビフィズス菌を摂取して悪玉菌を減らせば、肌荒れを解消することができるのです。
また、ビフィズス菌は、血流を改善する「ビタミンK」を合成してくれます。肌の不調には血流も関係しているため、ビタミンKを増やすことは、とても大切です。
肌をよい状態に保つためにも、ビフィズス菌を積極的に摂取していきましょう。

【まとめ】


ビフィズス菌は、主に腸内環境を整えることで、さまざまなメリットをもたらしてくれます。
日常的にビフィズス菌を摂取して、腸から健康になれば、全身によい効果を期待できるのです。
ビフィズス菌を多く摂る食事を意識して、健康的な生活を送りましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*