無添加化粧品について私が思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌が弱い人にとって化粧品選びは本当に苦労するんですよね。
肌が赤くなったり、ヒリヒリしたり、痒くなったりと肌に合わないとすぐに反応してしまいます。

なるべく肌に優しものを刺激の少ないものをと考えて探します。
そんな化粧品選びにとても重要なのが添加物を含んでいるかという事です。

毎日使用するものだからこそ無添加の化粧品を選んで使用することがたいせつでもあるんですよね。
肌の弱い人が化粧品選びで失敗しないためにも無添加化粧品のいいところを紹介します。

無添加化粧品とはなに?

「無添加化粧品」よく耳にする言葉でもありますが、いったいどういった成分が含まれていないことを言うのかもよく分からなかったりします。
実際に無添加化粧品とされる決められた定義がないというのが現実です。

しかし、多くのメーカーは表示指定成分(旧表示指定成分)を含まない化粧品を無添加化粧品と呼んでいます。代表的なものはあきゅらいずなど。

この表示指定成分(旧表示指定成分)とは体質などによって使用することで肌のトラブルを引き起こす可能性のある102種類の原料の事であり、薬事法によって表示を義務づけられていた成分ですが2001年に全成分の表示を義務づけられたことで旧表示指定成分と呼ばれているんです。

102種類の原料の中で特に石油系界面活性剤、パラベン・フェノキシエタノールなどの防腐剤、アルコール(エタノール)、鉱物油、合成着色料、合成香料、シリコン・・・などを添加物を排除する化粧品も多いのです。

無添加化粧品は肌にどういいの?

敏感な人の肌は潤いが不足しているためにしっかりと肌を守ることができなくなっている場合が多いんです。そんな肌へ人工合成の添加物を使う事で肌は刺激をもろに受けてしまいます。弱った肌は必要以上に角質を落してしまいがちです。

そんな肌へいくら保湿成分を補っても肌の奥へとは浸透できずに肌表面はいつまでたっても乾燥した状態が続くことで肌はいつもトラブルを抱えたままになってしまうんですね。

その上乾燥した肌へ必要以上に保湿を補う事で肌は大きな負担を抱え自分からが潤う力をも失ってしまうまさに悪循環に陥ってしまうんです。

肌には本来自らが潤い肌を健康な状態へ戻す力があるんです。
肌への刺激を減らすことで肌細胞は活性化してくれることができるんです。
そのためにも添加物は極力減らしてあげることが大切でもあるんですね。

無添加化粧品を使う事で肌はどうなる?

肌への刺激を少なくすることで肌は本来の働きをしてくれます。
肌にとって不要ないものは体の外へと排出する働きがあります。
また肌にとって必要なものは自らが生み出す力をも持っているんですよね。

肌が乾燥するからと言って保湿効果の高いクリームを使っても自らが潤う事が出来ていないためにいつまでもクリームを使い続ける必要があるんです。

しかし肌が元気になれば自然と肌はうるおいを保つことが出来るためにクリームを使う必要もなくなって来るんです。
また年齢的に美容効果の大きいものを使用したくなってしまいます。

しかし美容効果が大きければ大きいほど肌への刺激も多くなってきてしまいます。
肌に優しいものを、肌に負担をかけない物を探すことで肌細胞が元気になり、気にしていたシワが改善することができたり、肌にハリを感じることだってできるんです。

女性にとって化粧品選びはとても大切な事でもあります。
今使っているものによってその後の5年、10年後が大きく変わっても来るんです。
いつまでも肌トラブルを抱えたままの肌では肌は衰えていくばかりなんです。
元気な肌になることで肌はその若さを取り戻すことだってできるんです。
そのためにも肌に優しいものを刺激の少ない化粧品を選ぶことが必要となって来るんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*